患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-3239-6840

第9回 グルコースモニタシステム(FreeStyleリブレ)

    医療機器

グルコースモニタシステム2017年1月に痛みを伴う指先穿刺なしに血糖値を測定できる自己検査用グルコース測定器「FreeStyleリブレ」が発売されました。

従来の血糖測定器のように、穿刺器具を用いた毎回の針刺しが不要で、スキャンするだけで血糖値がわかります。2017年9月にインスリン製剤とGLP-1受容体作動薬を使用中の患者を対象として保険適用され、血糖自己測定器加算を算定できます。

「FreeStyleリブレ」は、皮下間質液中のグルコース濃度と毛細血管中の血糖値が相関することを利用して、グルコース濃度から血糖値を推定しています。

500円玉大のセンサーと、そのデータをフェリカ機能(非接触通信技術)で読み取る手のひらサイズのリーダーからシステム構成され、血糖自己測定による血糖値管理の補助を目的としています。アプリケーターを使ってセンサーを上腕の後ろ側に装着すると、針(フィラメント)が皮下組織に挿入されたままの状態になり、皮下間質液中のグルコース濃度が連続的に測定されます。

センサーを装着したままでの入浴や運動も可能です。測定値は15分毎に記録され、センサー内に8時間保存されます。14日間経過すると自動的に機能が停止し、センサーの交換が必要になります。リーダーをセンサーから4㎝以内でスキャンすると、血糖値が表示されます。衣服の上からでも測定できるので、場所を選ばずに血糖値を知ることができます。就寝前と起床時にスキャンすれば、睡眠中の血糖値トレンドを把握できます。
ただし、本システムにアラート機能はないので、就寝中の低血糖や無自覚低血糖に対処することはできません。

リーダー内には、最大90日分のデータが保存できます。血糖値とグルコース濃度には約5~10分のずれがあり、そのタイムラグを補うために、専用の電極を用いて、観血的な血糖自己測定器として使用することも可能です。また、センサー装着時の出血や固定テープによる皮膚反応などにも注意が必要です。

販売名 FreeStyleリブレ
分類名 フラッシュグルコースモニタシステム(自己検査用グルコース測定器)
会社 アボットジャパン(株)
製品仕様 センサー(使い捨て):直径35mm、厚さ5mm、重量5g、針5mm
リーダー:60mm(幅)× 95mm(高さ)× 16mm(厚さ)、重量65g
保険適用 インスリン製剤またはヒトソマトメジンC製剤
あるいはGLP-1受容体作動薬の自己注射を週に1回以上注射している糖尿病患者
禁忌・禁止 妊娠中の女性、人工透析を受けている患者、又は6歳未満の患者
ペースメーカーなど、他の埋め込み式医療機器を使用している患者
医療機器区分 高度管理医療機器
希望小売価格 センサー:13,800円(血糖測定電極を含む)
リーダー:7,089円

使用に際しては、取扱説明書を必ずお読み下さい。

-医療機器
-, ,

連載について

本連載記事(スピンアップ新薬)は、薬剤師の先生方をはじめとした医療従事者や薬学生の方に向け、新薬や医薬品に関する情報や浜田氏ならではの知見など、役に立つ情報を発信していきます。
また、南山堂発行の月刊誌「治療」「薬局」で過去に掲載した浜田氏の連載記事もあわせて公開していきます。

著者プロフィール

浜田康次氏

浜田 康次(はまだ こうじ)氏
日本コミュニティファーマシー協会理事 ほか

日本医科大学多摩永山病院、同千葉北総病院を経て、2017年より現職。著書に「抗菌薬サ−クル図デ−タブック」(じほう)、「ベストセラーで読み解く医療情報ナビ」(南山堂)、「インタビューフォームのAtoZ」(ユート・ブレーン)など多数。『治療』、『Rp.+』、『月刊Nursing』などに連載中。