患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-5294-5990

第24回 緊急避妊薬(ノルレボ錠)

    新薬

緊急避妊薬2011年5月、緊急避妊薬(ECP:エマージェンシー・コントラセプション・ピル)のノルレボ錠(一般名:レボノルゲストレル)が発売されました。

避妊に失敗した場合に、女性が望まない妊娠を防ぐ最後の手段です。日本では医師の処方せんが必要ですが、海外ではモーニングアフターピル(OTC薬)として、薬局で販売されています。

2016年4月に0.75mg錠から1.5mg錠に変更となり、2019年3月には後発医薬品のレボノルゲストレル錠が発売されました。

レボノルゲストレルは、第2世代黄体ホルモンであるノルゲストレルの左旋性光学異性体(薬理活性物質)です。月経周期14日頃、LH(黄体形成ホルモン)が一過性に大量分泌され(LHサージ)、成熟卵胞から卵子が飛び出します。この前に黄体ホルモンを投与すると、LHサージは抑制され、排卵が5~7日程度遅延します。精子の生存期間は5日程度です。このため治療効果は、服用後の月経の発来で確認します。ただし、不正子宮出血を月経と誤認する場合も多いので、専門医の受診が推奨されます。

中絶薬ではないので、妊娠成立後(着床以降)の効果は期待できません。緊急的な使用のため黄体ホルモン量を抑え、高用量製剤でみられる悪心・嘔吐の副作用が少ない薬です。

海外データによる妊娠阻止率(排卵日付近の性交渉での妊娠を防ぐ率)は、95%(24時間)、85%(48時間)、58%(72時間)と、より早く服用した方が効果は高くなります。留意点として、その場で本人に内服させる、服用後2時間以内に吐いた場合は追加投与する、本人以外の代理受領は認められない、数日後に排卵するので避妊が必要になるなどがあります。また、妊娠したとしても催奇形リスクは上昇しません。

授乳婦の場合、乳汁中に移行するので服用後24時間は授乳を避けます。薬価基準未収載のため、健康保険は使えず自費(自由診療)になります。性犯罪被害に遭った場合は、警察に届けることで公費負担(無料)となります。

商品名 ノルレボ錠1.5mg
一般名 レボノルゲストレル
会社 あすか製薬(株)、武田薬品工業(株)
適応 緊急避妊
用法・用量 性交後72時間以内にレボノルゲストレルとして1.5mgを1回経口投与する
禁忌 本剤の成分に過敏症の既往歴、重篤な肝障害、妊婦
副作用 悪心、下腹部痛、頭痛、傾眠、不正子宮出血
相互作用
(併用注意)
【効果減弱】抗けいれん薬、リファブチン、リファンピシン、セイヨウオトギリソウ、HIVプロテアーゼ阻害薬、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬
薬価未収載 施設により異なるが先発品は1万円~1万5,000円程度、後発品は未公表

使用に際しては、添付文書を必ずお読み下さい。

※掲載している内容は、現在の情報です

-新薬
-, ,

関連記事

第12回 経口抗ヘルペスウイルス薬(アメナリーフ®錠)

2017年9月、帯状疱疹治療薬のアメナリーフ®錠(一般名:アメナメビル)が発売されました。腎機能による減量が不要な新規作用機序の抗ヘルペスウイルス薬です。 水痘・帯状疱疹ウイルス(Varicella- …

第10回 グアニル酸シクラーゼC受容体作動薬(リンゼス®錠)

2017年3月、グアニル酸シクラーゼC受容体作動薬のリンゼス®錠(一般名:リナクロチド)が発売されました。下痢型IBS治療薬としては5-HT3受容体拮抗薬のイリボー®錠(一般名:ラモセトロン塩酸塩)が …

第11回 慢性便秘症治療薬、胆汁酸トランスポーター阻害薬(グーフィス®錠)

2018年4月、胆汁酸トランスポーター阻害薬のグーフィス®錠(一般名:エロビキシバット水和物)が発売されました。適応症は、慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く)で、世界初の胆汁酸トランスポーター阻害 …

第23回 免疫チェックポイント阻害薬(キイトルーダ点滴静注)

2017年2月、免疫チェックポイント阻害薬のキイトルーダⓇ点滴静注〔一般名:ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)〕が発売されました。 PD-1(プログラム細胞死タンパク質1)を標的としたモノクローナル抗体 …

第15回 悪性抗腫瘍薬(リムパーザ®錠)

2018年4月、悪性抗腫瘍薬のリムパーザ®錠(一般名:オラパリブ)が再発卵巣がんの適応で発売され、同年7月、遺伝性再発乳がんに適応拡大されました。 進行・再発卵巣がんやホルモン抵抗性になった乳がん、H …

連載について

本連載記事(スピンアップ新薬)は、薬剤師の先生方をはじめとした医療従事者や薬学生の方に向け、新薬や医薬品に関する情報や浜田氏ならではの知見など、役に立つ情報を発信していきます。
また、南山堂発行の月刊誌「治療」「薬局」で過去に掲載した浜田氏の連載記事もあわせて公開していきます。

著者プロフィール

浜田康次氏

浜田 康次(はまだ こうじ)氏
日本コミュニティファーマシー協会理事 ほか

日本医科大学多摩永山病院、同千葉北総病院を経て、2017年より現職。著書に「抗菌薬サ−クル図デ−タブック」(じほう)、「ベストセラーで読み解く医療情報ナビ」(南山堂)、「インタビューフォームのAtoZ」(ユート・ブレーン)など多数。『治療』、『Rp.+』、『月刊Nursing』などに連載中。