患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-5294-5990

第27回 COPD治療薬

 2019/12/02   新薬

COPD治療薬吸入ステロイド薬(ICS)、長時間作用性β2刺激薬(LABA)、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の3成分を配合したトリプル吸入薬が登場しました。

2019年5月に発売されたテリルジー(フルチカゾンフランカルボン酸エステル/ウメクリジニウム臭化物/ビランテロールトリフェニル酢酸塩)と同年9月のビレーズトリ(ブデソニド/グリコピロニウム臭化物/ホルモテロールフマル酸塩水和物)です。

呼吸器疾患の概念として、アレルギーが関与する気管支喘息、長期のタバコ煙が原因のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、喘息とCOPDを合併するACO(Asthma-COPD Overlap)があります。喘息は慢性の気道炎症が主病態で、ICSが第一選択薬になります。COPDは、労作時の呼吸困難を改善する気管支拡張薬が中心となり、副交感神経を抑制するLAMAと交感神経を刺激するLABAがあります。

COPDガイドライン[第5版]では、LAMA(あるいはLABA)と優先順位を付け、喘息要素のないCOPDにICSを追加すると肺炎リスクを上げる懸念があるため、ICSの使用を喘息病態合併のACO(エイコ)に限定しました。今回のトリプル吸入薬の適応は、COPDだけです。適する症例は、喘息病態合併を含むICS/LABA、あるいはLAMA/LABAで増悪を繰り返すCOPDとされます。なお、ICSが中用量なので、重症喘息のコントロールには不十分な可能性があります。

両剤は、1日1回と2回の用法の違いのほか、吸入デバイスが異なります。pMDI(加圧噴霧式定量吸入器)は、薬が噴射されるので努力呼吸は不要ですが、噴射と吸入のタイミングを合わせる必要があります。DPI(ドライパウダー定量吸入器)は、自力で吸い込むため同調の必要はありませんが、十分な流量を得るだけの吸気力が必要になります。

商品名 テリルジー100エリプタ ビレーズトリ・エアロスフィア
一般名 フルチカゾンフランカルボン酸エステル/ウメクリジニウム臭化物/ビランテロールトリフェニル酢酸塩 ブデソニド/グリコピロニウム臭化物/ホルモテロールフマル酸塩水和物
会社 グラクソ・スミスクライン(株) アストラゼネカ(株)
用法・用量 通常、成人には、1回1吸入を1日1回吸入投与する。 通常、成人には、1回2吸入を1日2回吸入投与する。
適応 慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤、長時間作用性吸入抗コリン剤及び長時間作用性吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)
吸入デバイス エリプタ(DPI) エアロスフィア(pMDI)
同効成分薬 レルベア+エンクラッセ
アノーロ+アニュイティ
シムビコート+シーブリ
ビベスピ+パルミコート
薬価 14吸入:4,183.50円
30吸入:8,853.80円
56吸入:4,150.30円

使用に際しては、添付文書を必ずお読み下さい。

※掲載している内容は、現在の情報です

-新薬
-, , , , , , , ,

関連記事

第15回 悪性抗腫瘍薬(リムパーザ®錠)

2018年4月、悪性抗腫瘍薬のリムパーザ®錠(一般名:オラパリブ)が再発卵巣がんの適応で発売され、同年7月、遺伝性再発乳がんに適応拡大されました。 進行・再発卵巣がんやホルモン抵抗性になった乳がん、H …

第3回 がん疼痛治療薬(ナルラピド®&ナルサス®) 

2017年6月19日、がん疼痛治療薬のヒドロモルフォン塩酸塩製剤、ナルラピド®錠(即放性)とナルサス®錠(徐放性)が発売されました。 ヒドロモルフォンは、1920年代にドイツで合成された選択的μオピオ …

第12回 経口抗ヘルペスウイルス薬(アメナリーフ®錠)

2017年9月、帯状疱疹治療薬のアメナリーフ®錠(一般名:アメナメビル)が発売されました。腎機能による減量が不要な新規作用機序の抗ヘルペスウイルス薬です。 水痘・帯状疱疹ウイルス(Varicella- …

第24回 緊急避妊薬(ノルレボ錠)

2011年5月、緊急避妊薬(ECP:エマージェンシー・コントラセプション・ピル)のノルレボⓇ錠(一般名:レボノルゲストレル)が発売されました。 避妊に失敗した場合に、女性が望まない妊娠を防ぐ最後の手段 …

第5回 C型肝炎治療薬(ジメンシー®配合錠) 

ジメンシーⓇ配合錠は、2018年12月をもって販売中止となりました。 近年、C型肝炎治療の進歩は目覚ましく、インターフェロン(IFN)及びリバビリンを必要としない直接作用型抗ウイルス薬(DAAs)が登 …

連載について

本連載記事(スピンアップ新薬)は、薬剤師の先生方をはじめとした医療従事者や薬学生の方に向け、新薬や医薬品に関する情報や浜田氏ならではの知見など、役に立つ情報を発信していきます。
また、南山堂発行の月刊誌「治療」「薬局」で過去に掲載した浜田氏の連載記事もあわせて公開していきます。

著者プロフィール

浜田康次氏

浜田 康次(はまだ こうじ)氏
日本コミュニティファーマシー協会理事 ほか

日本医科大学多摩永山病院、同千葉北総病院を経て、2017年より現職。著書に「抗菌薬サ−クル図デ−タブック」(じほう)、「ベストセラーで読み解く医療情報ナビ」(南山堂)、「インタビューフォームのAtoZ」(ユート・ブレーン)など多数。『治療』、『Rp.+』、『月刊Nursing』などに連載中。