患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-5294-5990

第30回 PCSK9阻害薬(レパーサ&プラルエント

    新薬

PCSK9阻害薬2016年4月、レパーサ皮下注〔一般名:エボロクマブ(遺伝子組換え)〕、2016年9月、プラルエント皮下注〔一般名:アリロクマブ(遺伝子組換え)〕が発売されました。脂質異常症治療薬として、初めての抗体製剤です。

脂質異常症の診断基準には、①LDLコレステロール(LDL-C)140mg/dL以上、②HDLコレステロール40mg/dL未満、③トリグリセライド(TG)150mg/dL以上、④Non-HDLコレステロール170mg/dL以上などがあります。診断基準は高いだけでなく低い場合もあるので、2007年に高脂血症から脂質異常症に名称が変更されました。血中脂質の高い状態が続くと動脈硬化が進展し、冠動脈疾患や脳梗塞などの発症リスクが高まります。高LDL-C血症には、遺伝性疾患の家族性高コレステロール血症(FH)も含まれます。

近年、FHの研究からLDL受容体分解促進タンパク質であるPCSK9(プロ蛋白転換酵素サブチリシン/ケキシン9型)遺伝子が同定されました。LDL-Cは、LDL受容体に結合して肝臓に取り込まれた後、細胞内でLDL-Cのみが分解され、LDL受容体は肝臓表面にリサイクリングされます。一方、LDL受容体にPCSK9が結合すると、LDL受容体はリサイクルされずに分解されます。FHでは、LDL受容体が過剰に分解されるため、LDL-Cが高値になります。PCSK9阻害薬は、PCSK9に特異的に結合して、PCSK9とLDL受容体が結合するのを妨げます。LDL受容体が分解されないので、LDL-Cは顕著に下がります。

高LDL-C血症の治療は、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)が第一選択薬です。コレステロールの生合成を抑制する一方、コレステロールの低下を補うためにLDL受容体が増加します。ところがスタチンを増量しても下がらない治療抵抗性が存在します。スタチン投与により、LDL-C濃度を調節しているPCSK9が働き、PCSK9の合成が促進されるためと考えられます。そのためPCSK9阻害薬は、原則、スタチンと併用して用います。厳格な脂質管理が必要なFHや筋障害等で十分量のスタチンを使用できない場合に期待されています。

商品名 レパーサ皮下注/シリンジ/ペン/オートミニドーザー プラルエント皮下注/ペン
一般名 エボロクマブ(遺伝子組換え) アリロクマブ(遺伝子組換え)
会社 アステラス・アムジェン・バイオファーマ(株) サノフィ(株)
適応 家族性高コレステロール血症、高コレステロール血症。ただし、心血管イベントの発現リスクが高い、スタチンで効果不十分か治療が適さない場合
用法・用量 【FHヘテロ接合体、高コレステロール血症】
140mgを2週間に1回又は420mgを4週間に1回皮下投与。
【FHホモ接合体】
420mgを4週間に1回皮下投与。効果不十分な場合は420mgを2週間に1回(以下、略)
【スタチン併用の場合】
75mgを2週に1回皮下注。効果不十分な場合は150mgに増量
【スタチン併用が不適の場合】
150mgを4週に1回皮下注。効果不十分な場合は150mgを2週に1回
副作用 主な副作用は、糖尿病、注射部位反応、筋肉痛など 主な副作用は、注射部位反応(紅斑、発赤、腫脹、疼痛、圧痛、かゆみ)
薬価 140mgペン・シリンジ24,372円、24,565円
420mgオートミニドーザー1筒47,326円
150mg1筒45,305円
75mg1筒23,373円

使用に際しては、添付文書を必ずお読み下さい。

※掲載している内容は、現在の情報です

-新薬
-, , , ,

関連記事

第4回 男性型脱毛症治療薬(ザガーロ®) 

2016年6月13日、プロペシアⓇ錠(一般名:フィナステリド)に次いで2番目の男性型脱毛症(AGA:androgenetic alopecia)治療薬、ザガーロⓇカプセル(一般名:デュタステリド)が発 …

第36回 不眠症治療薬(デエビゴ錠)

2020年7月、不眠症治療薬のデエビゴⓇ錠(一般名:レンボレキサント)が発売されました。ベルソムラⓇ錠(一般名:スボレキサント)に続く2剤目のオレキシン受容体拮抗薬です。 不眠症治療薬は、ベンゾジアゼ …

第31回 MTP阻害薬(ジャクスタピッドカプセル)

2016年12月、MTP阻害薬のジャクスタピッドⓇカプセル(一般名:ロミタピドメシル酸塩)が発売されました。 適応は、脂質異常症のなかでも、まれな遺伝子疾患である「ホモ接合体家族性高コレステロール血症 …

第26回 B型肝炎治療薬(ベムリディ錠)

2017年2月、B型肝炎治療薬のベムリディⓇ錠(一般名:テノホビル アラフェナミドフマル酸塩)が発売されました。 ゼフィックスⓇ(ラミブジン;LAM)、ヘプセラⓇ(アデホビル ピボキシル;ADV)、バ …

第27回 COPD治療薬

吸入ステロイド薬(ICS)、長時間作用性β2刺激薬(LABA)、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の3成分を配合したトリプル吸入薬が登場しました。 2019年5月に発売されたテリルジー(フルチカゾンフ …

連載について

本連載記事(スピンアップ新薬)は、薬剤師の先生方をはじめとした医療従事者や薬学生の方に向け、新薬や医薬品に関する情報や浜田氏ならではの知見など、役に立つ情報を発信していきます。
また、南山堂発行の月刊誌「治療」「薬局」で過去に掲載した浜田氏の連載記事もあわせて公開していきます。

著者プロフィール

浜田康次氏

浜田 康次(はまだ こうじ)氏
日本コミュニティファーマシー協会理事 ほか

日本医科大学多摩永山病院、同千葉北総病院を経て、2017年より現職。著書に「抗菌薬サ−クル図デ−タブック」(じほう)、「ベストセラーで読み解く医療情報ナビ」(南山堂)、「インタビューフォームのAtoZ」(ユート・ブレーン)など多数。『治療』、『Rp.+』、『月刊Nursing』などに連載中。