患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-5294-5990

第4回 男性型脱毛症治療薬(ザガーロ®) 

    新薬

男性型脱毛症治療薬2016年6月13日、プロペシア錠(一般名:フィナステリド)に次いで2番目の男性型脱毛症(AGA:androgenetic alopecia)治療薬、ザガーロカプセル(一般名:デュタステリド)が発売されました。同一成分薬として、前立腺肥大症治療薬のアボルブカプセルがあります。

AGAは、男性ホルモンが関与する進行性の脱毛症です。男性ホルモンは筋肉や骨を発達させ、髭や体毛を濃くする働きがあります。一方、前頭部や頭頂部では、5α還元酵素(リダクターゼ)の働きで活性体のジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、これが男性ホルモン感受性毛包において、毛周期の成長期を短縮します。このため5α還元酵素を阻害すれば、発毛が促進され、太く長い髪の毛が増加します。酵素には1型と2型があり、プロペシアは2型を、ザガーロは1型と2型を阻害します。

適応症は「男性における男性型脱毛症」で、女性の脱毛症や円形脱毛症には効果がありません。ザガーロは半減期が長く、プロペシアの1.6倍以上、特に前頭部において効果が認められます。プロペシアの適応症には「進行遅延」の文言がありますが、ザガーロにはありません。

1日1回、食事に関係なく服用できますが、刺激性が強いので噛まずに服用します。服用後、約3ヵ月で効果が出始めますが、通常は6ヵ月間の治療が必要になります。

経皮吸収されるので、カプセルから漏れた薬剤に触れた場合は、直ちに石鹸と水で洗い流します。動物実験により男子胎児の外生殖器の発達を阻害する可能性があるので、女性や小児には投与できません。血中濃度が上昇するため、重度の肝機能障害患者も投与禁忌になります。また、前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA(前立腺特異抗原)を約50%低下させます。

服用中及び服用中止後、プロペシアは1ヵ月、ザガーロは6ヵ月の間、献血はできません。重大な副作用として、アボルブに肝機能障害、黄疸が報告されています。

商品名 ザガーロカプセル0.1mg、0.5mg プロペシア錠0.2mg、1mg
一般名 デュタステリド フィナステリド
会社 グラクソ・スミスクライン(株) MSD(株)
用法・用量 0.1mgを1日1回投与。必要に応じて0.5mgまで 0.2mgを1日1回投与。必要に応じて1mgまで
適応 男性における男性型脱毛症 男性における男性型脱毛症の進行遅延
作用機序 5α還元酵素1型と2型を阻害 5α還元酵素2型を選択的に抑制
半減期 3.4±1.2週間 4.13±0.23時間
併用注意 CYP3A4阻害作用を有する薬剤 なし
副作用 リビドー減退 、勃起不全 、射精障害 リビドー減退 、勃起機能不全
薬価 未収載 未収載
使用に際しては、添付文書を必ずお読み下さい。
※掲載している内容は、現在の情報です

-新薬
-, ,

関連記事

第11回 慢性便秘症治療薬、胆汁酸トランスポーター阻害薬(グーフィス®錠)

2018年4月、胆汁酸トランスポーター阻害薬のグーフィス®錠(一般名:エロビキシバット水和物)が発売されました。適応症は、慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く)で、世界初の胆汁酸トランスポーター阻害 …

第27回 COPD治療薬

吸入ステロイド薬(ICS)、長時間作用性β2刺激薬(LABA)、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の3成分を配合したトリプル吸入薬が登場しました。 2019年5月に発売されたテリルジー(フルチカゾンフ …

第26回 B型肝炎治療薬(ベムリディ錠)

2017年2月、B型肝炎治療薬のベムリディⓇ錠(一般名:テノホビル アラフェナミドフマル酸塩)が発売されました。 ゼフィックスⓇ(ラミブジン;LAM)、ヘプセラⓇ(アデホビル ピボキシル;ADV)、バ …

第17回 抗インフルエンザウイルス薬(ゾフルーザ®錠)

2018年3月、新しい作用機序の抗インフルエンザ薬、ゾフルーザⓇ錠(一般名:バロキサビル マルボキシル)が先駆け審査指定を経て発売されました。 抗インフルエンザ薬には、経口薬のタミフルⓇ(一般名:オセ …

第22回 免疫チェックポイント阻害薬(ヤーボイ点滴静注液)

2015年8月、免疫チェックポイント阻害薬のヤーボイⓇ点滴静注液〔一般名:イピリムマブ(遺伝子組換え)〕が発売されました。 細胞傷害性Tリンパ球抗原-4(CTLA-4)を標的としたモノクローナル抗体に …

連載について

本連載記事(スピンアップ新薬)は、薬剤師の先生方をはじめとした医療従事者や薬学生の方に向け、新薬や医薬品に関する情報や浜田氏ならではの知見など、役に立つ情報を発信していきます。
また、南山堂発行の月刊誌「治療」「薬局」で過去に掲載した浜田氏の連載記事もあわせて公開していきます。

著者プロフィール

浜田康次氏

浜田 康次(はまだ こうじ)氏
日本コミュニティファーマシー協会理事 ほか

日本医科大学多摩永山病院、同千葉北総病院を経て、2017年より現職。著書に「抗菌薬サ−クル図デ−タブック」(じほう)、「ベストセラーで読み解く医療情報ナビ」(南山堂)、「インタビューフォームのAtoZ」(ユート・ブレーン)など多数。『治療』、『Rp.+』、『月刊Nursing』などに連載中。